書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち⑨上宮編 (番外)神々の宿る磐座

改めて
その山は 標高822m
大鳥居をくぐり しばらくすると「オトヒメ」のお社(やしろ)と もうひとつのお社(やしろ)の鳥居が見えます
そこから 上へ下へと 分かれます

この時は 正式な参拝となるため
霊能の師より 正式な習わしを教えて頂きました

二つのリュックには沢山の供物を用意し
大鳥居の中に入ると、
まずは 山神さまへご挨拶
山神さまとは その山々におられる山の神、精霊や諸々・・・

他人さまの家に 行くときは誰でも挨拶をします
山も いきなり足を踏み入れるのではなく
礼を尽くして ご挨拶をさせていただきます。

お神酒、米、塩、昆布、あたりめ、煮干し、おにぎり🍙、果物、和菓子、水を用意して
「この山へ足を踏み入れる事のお許しと 参拝する同行者の安全」を祈願いたしました

近隣の山々も 古代より神が天降る山、祖霊の宿る山々と言われ
密教の聖地と謳われ 1000もの宿坊があったとも言われてます

高野山、比叡山と並び 日本霊山の一つでもありましたが
長い歴史の中に 火山の噴火激しく 地形も何度も変わり
その為 いつしか修験道の通った道も 無くなり忘れ去られています

ここの磐座には伝説も残り
1300年前、東大寺の大仏を建てられた奈良時代の「行基僧」が、この地に足を運び修行をされた時に
すさまじい霊力あり、魑魅魍魎、悪魔などの誘惑にも邪魔をされ、それらを退散させても 
さらに苦行は続き、その時に助けたのが、ここの「〇〇観音」さまと言われています。
その後、様々な御霊を鎮め、この半島の山々を霊山として開場し、九州の守護神を祀る「四面宮」を建てたと言われています。

山神様への ご挨拶を済ませて
しばらくすると けもの道に入ります
Sさんは、心強く博学もあるガイドさんです
木の棒をもち、後に続く人が歩きやすいように 
伸びて道を遮る草木や蜘蛛の巣をはらってくれます
そして 歩きながら 自然の事 いろんなことを教えてくださいます

途中、蛇が私の足元をヒュッと横切ります。
帰りも また 私の前を 横切り
蛇の嫌いな私は 不思議に驚くこともなく
ああ・・これって?
前日に 神さまが 二匹の〇〇?となり 現れると云っていたのです
それは蝶だと思っていましたら、蛇だったのかと
でも
後で 友人が 蝶が二匹いたよと 教えてくれました
蝶にしろ 蛇にしろ 
驚かせない程度に 現れてくださり 送歓迎してくれたことに 感謝です

祀っておられるところは 観音平という所
けもの道を 通り抜けると 
大きな 大きな岩が目に入り 一瞬、壮大さに息が止まりました
これが 29m なのか?
上を見上げると 青空と太陽の光で 頂上が見えません
今、思い出しても 眩しかったことしか覚えていません

磐の中には
沢山の 仏像がありました
残念ながら時間もなく 祝詞を挙げさせていただき
散策する暇もなかったため、
「赤龍」の像は 見つけきれませんでした

同行した皆さんも
思い思いに スマホで写真を撮り
どのカメラにも
フレアが発生し 眩しくて 光が遊んでました

455632CF-CBA9-4DE0-A358-0CDE2802FF44.jpg

ここが 師が教えてくださった所
第四のキーワード
「古の神々の〇〇〇」の場所
多分、写真には写っていない所かなぁ

師クラスの霊能の高い人にしか見られないと思います
勿論、私にも分かりません

前にも書きましたが
参拝する4カ月前に 記(しるし)た「書き記し」です

「書き記し」 №三十八 


幾千年の時の流れに
和合もあれば戦いもあり
残石の後を見ても 
歴史は必ずしも真実ではなく
風化に耐え 
今日も何も語らず鎮座する

その地、祈りの人多く賑わいもあり
神も人と ひと時の同じ喜び 分かち合い
神々は人の為
人は神々の為…

いつしか その道も 今は忘れられておる

どうかお忘れくだささるな

何千年の時と超えても
神々は主(ぬし)らを忘れはしない

幾たび生まれ変わろうとも
ずっと傍にいて共に祈ってきた

どうぞ人として生きることを
忘れず 素直に道を進んで下され

家族を愛し、自分を愛し、隣人を愛し
神仏を愛してくだされ

その愛は
やがて未来のそなたに必ず
帰ってくる由

信じて安心して光の道へ歩かれよ



今、読み返してみても 鳥肌がたちます

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m





スポンサーサイト

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑧上宮編

豊玉姫さまの物語を終えて

思い出したのは

ゆらゆら揺れている 海面
外からの光が 反射して とても 綺麗です
深い海に 潜ったことは ないのですが
海の底から 上を見上げると
こんな風景です

42514914_p0_master1200.jpg


先日、祈りのご縁を頂き 不思議だったのが
その三日前ほどから 海の中から上を見上げる自分がいました
何の意味があるのだろうか
その時は まだ知る由もありませんでした

今思うと
それは豊玉姫さまの思いだっと思います

愛し合っているのに別れなければいけないこと
愛おしいわが子とも 離れ離れになったこと
見上げる海の外には
我が子がいる
でも
海宮からは出られない
この せつない 思いが胸をしめつけました

神々とて
運命・宿命を背負っており
我が 運命(さだめ)と知りつつも 
天界のため、全うする働きがあるために
側にいること叶わず
遠い 遠い 竜宮にいても
我が子供には いつも思いを馳せて祈っていたことが
深く心に入り込み
祈りの最中に 号泣してしまいました

親子のひとときの再会が 叶い

その後 豊玉姫さまは 海の宮へと帰られました

岩戸三社物語は 一年半前
山に登った後に 書き始めなければいけなかったのですが、
核心もなく、自信もなく
あの時見た ゆらゆら揺れる碧い光は ずっと胸の中にあったものの
忘れかけてました

今回の経験により
祈りの場に招かれたのは「書き上げる」という意味があり、
再度、資料を探し、記憶をたどり
書くことにしました

岩戸に三つの宮あり
上宮・中宮・下宮

上宮と下宮のキーワード
「豊玉姫」「火事で焼失した熊野の社」「29m岩の柱」

残るは「29mの岩の柱」
実は キーワードはもうひとつあり、それが上宮の「オトヒメ」のお社を上へ上へと昇ったところにある
「〇〇神社」です。
「赤龍」の石像があるところです

四つ目のキーワード
それは
「古の神々の〇〇〇」

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m








岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち⑦ 上宮編 愛する二柱

その半島に「豊玉姫」さまを祀っているところは
数少なく 上宮となる その地のお社の名前も違っております

標高822mの中腹にあり、道は荒れ、古(いにしえ)の時に流れていた川も枯れ、
木々が覆い、うっそうとしております
大きな磐座があり、そこには地元の人たちが祀ってある仏像もありました

そのお社の名は「オトヒメ」

オトヒメ・・・竜宮城の乙姫さま?

竜宮城の乙姫様は「豊玉姫」さまの事です。

海神・大綿津見神(おおわたつみのかみ)の娘で、神話の山彦(火遠理命(ほおりのみこと))さまと結婚しました
山彦様は 昔話の「浦島太郎」と言われていますので、竜宮城の乙姫様は豊玉姫さまのことになります

豊玉姫さまは山彦さまとの子供の出産のときに、けっして出産の姿をみてはいけないと約束したのに、山彦様は、その約束を破り鵜の羽で作られた茅葺(かやぶき)の小屋の扉を開け、出産する姿をみてしまいました。

そこにいたのは身をもがく巨大な八尋和邇(ヤヒロワニ)※巨大なサメ・もしくはワニ でした。

覗かれた事を知った豊玉姫は、それを恥じて子供を残し 海神の国との境界を閉じて
綿津見の宮(竜宮城)へと帰ってしまいます。

お二人の子どもは 「豊玉」の「玉」に「依る」 つまり 母である豊玉姫さまの代わりに
「玉依(たまより)」姫さまに育てられることになり 玉依姫は やがては妻にもなります

そのお子の名は 鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズ)さまで
後に「神武天皇」の父となります

柳田邦男氏の日本各地にある「織姫(機織姫)」伝説をまとめると
①人里離れた清い泉の畔で若い娘たちが、神さまの布を織り捧げる
②時がたち、縁起が一切忘れられ、竜宮の乙姫が布を織るという伝説
に変わっていった流れがあると言います。

何故、縁起が忘れ去られたのでしょう?
忘れ去られたのではなく元々の話が純粋に残っていただけではないでしょうか

山彦さまが浦島太郎だとして
浦島太郎も 開けてはいけない玉手箱をあけます

約束を破るという昔話は沢山あります
天女の羽衣の話もそうですし
「鶴女房」もそうです。
鶴を助けた若者と その鶴が人間に化け 若者と世帯を持ち その鶴が機(はた)を織り生計を助ける
若者に 織っている時の姿を見てはいけないと 言ったにも関わらず若者は 約束を破り、
やがてその女房は 泣く泣く別れを告げ、姿を消す という物語です。

愛し合っても 約束は約束。
異界の者たちの 恋愛には 厳しい掟があったのでしょう。
それらは やがて 様々な物語として変化し
最終的には
七夕の「織姫と彦星」として語られたのでしょうか

織姫は豊玉姫 
彦星は山彦さま 

妄想は膨らみます(笑)

この地は 昔から織物で有名な地でした
「まお・からむし」というイラクサ科の植物が野生し
それは皮のある茎を蒸して麻織物の原料となる植物であります
昭和初期、遺跡発掘の際に、痕土器の中に繊維が残されているという事実がありますので
古代より畑に栽培され 織物の盛んな地域であったいう証拠ともなり

それはやがて 木綿に変わり、中世末頃から近年まで
織物も盛んで その娘たちが この姫神さまを慕い、感謝のしるしや織物の腕をあげるために
お社に参拝したといわれています

織子の娘たちに 伝えられた唄があります

オトヒメさんは トンコロリン トンコロリン
機(はた)を 織る
その布の先は よけれど
何形つけて 着せましょう
前には 弥帆の帆柱
後ろは 象牙の釣り船
片袖は 梅の折り枝
又 片袖は 玉手箱 玉手箱
開けてみたれば
印花布(いんかい)
七夕 寐て(ねて)ござる

※印花布(いんかふ)とは 更紗[サラサ]で模様を種々の色で染めた布地 のこと
※弥帆(やほ)とは 昔の小さい和船のこと

語り継がれた この唄からも
玉手箱 七夕
という言葉が 物語と一致します
そして
寐て(ねて)ござる というのは「寝る」という意味であり
七夕に ご夫婦が 会い 愛を通わせることだと思います。
わらべ唄が証明する愛の形です

のちに豊玉姫さまがと山彦さまと 別れる時にお互い送った歌があります
 
山彦様へ
「赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装ひし 貴くありけり」
  意味:付けてい赤玉(珊瑚)は紐さえも輝いてみえるが、それ以上に貴方は白玉(真珠)の如く高貴にみちて美しく輝いています
豊玉姫様へ
「沖つ鳥鴨著く嶋に 我が率寝し妹は忘らじ 世の尽も」
※海神の住む国で ともに寝た愛しき妻よ。私は貴女を忘れはしない。たとえこの世が終わってしまっても

この謳(うた)からも 本当に、ご夫婦が愛し合っているのが分かります
やがて
この地で お二人は 「赤龍」と「白龍」となり
「赤龍」は山上に 「白龍」は山裾に 
今も石碑が残っています。

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m






岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち⑥ 上宮編

いよいよ上宮の話となります

霊能の師より 三宮のうち 
下宮と上宮は
どこにあるのかは分からない
キーワードは
豊玉姫・焼失した熊野の社・石の柱29m

下宮は「熊野神社」が関わっていたので
「豊玉姫」「石の29m」は 上宮か・・

これをヒントに
図書館で史跡と民話、ご詠歌 そして ネットで ひとつのブログにいきあたり
そこに写っていた写真を見て
「ここだ!」っと
直感しました

でも、ここには二つのお社があり しかも同じ名前で麓にも小さな祠があります

疑問は深まり、本当にここなんだろうか・・・
一つじゃなく 三つ
でも ここしかない
え?え?え?・・・

もう こうなりゃ 行くしかない

それにしても 相当の山奥、けもの道で 廃れた場所
イノシシや野犬、蛇(マムシ)
一人では絶対行けない
その町に知り合いも誰一人 いない
どうやって行こうか・・・

でも行かなければならない
実際に 行って 自分の眼で確かめなければいけない

そうこうする間に 時は流れ

ある日
中宮の神々様が 呼んでいる気がして
参拝に行きました

中宮
ここも 山の中なので
いくら昼間でも 一人では心細いです。
今までは 友人と一緒に 参拝してたのですが
蚤(のみ)の心臓の私は
山の中に ひとり ・・おお・・・超、ビビりの怖がりで・・・
でも この日は どうしても一人で行かなくてはならず

意を決して 参拝に行きました

いざ参拝に行き 鳥居の中に入れば
空気も変わり、
木々が
風が
光が
暖かく 包んでくださいます

鳥のさえずりに 自分の祝詞が響きます
今日、ここに来たことの意味を知るため
心をこめて祈ります

祈りが終わったころ 人の話し声がします
振り向くと二人連れの女性

緊張していた糸が フッと切れて
嬉しくて 駆け寄り 二人の女性に話しかけました。

今では笑い話ですが
それがご縁で その日のうちに
上宮の地元の人たちと会わせていただき
あれよ あれよと
案内してくださる方も紹介してもらい
不思議に 沢山の人との ご縁が繋がりました

今思うと、中宮の神々さまが  導いてくださったのだと思います。

そして
私は 自分の直感を 確かめるために
山へ 行きました

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち⑤下宮編

④からのつづきです

下宮の女神様のお名前の「罔象女(みつはのめ)」の頭の文字
「罔象(みず/みつ)」の意味
この神さまは 水の神さま、水の精霊とも言われ
語源も「水が走る」「水が這(は)う」から来ていると言われています
また
「罔(もう)」とは ない、なし あるいは姿形がない という意味があり、
有形無形に変化(へんげ)する「水」の形(象)という意味にも 考えられます

「水」は とても大切なものです

農耕民族の日本人にとって
米作り農作物には 水が 絶対必要です。
「水穂の国」とは日本のことで
古事記にも そう語られています

ですが「日本書記」には
日本のことを「瑞穂の国」と語られており

まぁ どちらも「みず ほ の くに」となるわけです

こちらの「瑞穂」の「瑞(みず」の漢字の成り立ちも面白いです
この一文字だけでも
沢山の呼びかたがあります

「瑞(ズイ・たま・しるし・めでたい)」

これは「王」「山」「而」からできており
「王」は 三つの玉を縦ひもで通した形
「而」は 天子 あるいは 巫女が 地に手を置き 祈っている姿
「山」は髪飾り 「而」の頭に飾る簪(かんざし)
の象形文字です

つまり 天子あるいは巫女が祷りの際に持つ三つの玉 祈りの姿が立派で美しいことを表しています

以上のようなことから
「瑞穂(みずほ)の国」とは
「清らか(よごれやにごりがなく澄んでいる)な人たちが住み 稲穂が豊かに栄えている・美しい国」
という事になります。

大祓祝詞にも
豊葦原瑞穂の国を 安国と平けく知食せと 
事依さし 奉りき

意味
この美しき日本の国を 平和で穏やかな国として 統治させなさいと お任せになられた

とあり

「みず」という「言霊」には
神さまから見た 宝のような国、日本
そして そこに住む 人間の 命を育(はぐく)むという
神々の祷りともいえる 深い 深い 意味があるのです

下宮に祀られている女神さまは
「水波乃売神(みずはのめのかみ)」さま
あるいは 別名「罔象女(みつはのめ)」さまです

前回にも書きましたが
この地に関わりある熊野神社の御祭神は「伊邪那美(イザナミ)命」さまであり
伊弉諾命(イザナミノミコト)と伊弉諾命(イザナギノミコト)様との間にできた 子供であり
火神を生んで焼け死ぬ際に、産まれたと言われています

その時に もう一人産まれたのが土神の「埴山姫はにやまひめ」です
お二人の女神さまが誕生されています

この土神の「埴山姫はにやまひめ」は
中社に祀られている「岩永姫」と同一神・あるいは別名神と言う説もあります

それと 別件で
面白いことを発見⁉
熊野神社の 御祭神は「伊邪那美命(イザナミノミコト)」さまであるからか?
この町の名前は「吾妻」 
伊弉諾尊(イザナギノミコト)さまの 「吾(われ)の妻」ということから来たのでしょうか?
これが事実だとしたら なんと 名付けた村の方々はロマンのある人々だったのでしょう

そして もうひとつ
下宮の土地の名は「三室」と呼ばれます
中宮の土地の名も 昭和31年に「瑞穂」となっています

上宮・中宮・下宮は すべて磐座(古神道における岩に対する信仰であること)であり
それぞれとも 巨石の穴の中に 神々が鎮座されております
「三室」とは 三つの穴の事です
下宮に三つの祠があるようには見えませんでした
なので
私には どうしても 「三室」という言葉が
上宮・中宮・下宮を指しているのではないかと思っています

ただの こじつけでしょうか?


japan_amaterasu_oomikami.png


最後に 神さまの事を調べていくと
同一神、別名神が 多くあり
親子になったり、 ご夫婦であったりと 正直 ややこしいです

調べれば調べるほど 難しく
どれが本当かどうか わかりません

古事記や日本書記などが 
時の権力者によって 都合の良いように書かれた可能性もあり
100パーセント正しいとは 言えません。

呪をかけられ 名を変えた神々さまもおられます

霊能の師によっても この同一神さまや別名神さま のことを聞いたとき
「神世のことは 複雑怪奇、その神々の意見をいうわけにもいかず・・・」と言っておられるから
それは言えぬという事でした

①から⑤まで
書きましたのも あくまでも私の個人的な私見です。
本当か嘘か妄想か
神のみぞ知るです。
なので 物語として読んでくださると有難いです。

次回は いよいよ
上宮の話になります
また 読んでくださいませ

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m


ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア