FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

「気」の「元」・・・「運気」を上げましょう☝☝

最近、何かのCM・・たぶん保険会社かな
「気を付けて」
「気を落とさないで」
「気にするな」
「元気でね~」
「気のせい」
「気をつかう」
「気になる」とか

やたらと「気」を強調します
このCMが好きで・・・

人は「気」を「持つ」生き物です。
「気持ち」
それは
肉体と精神(心)とは違い、人間だけにしかないものだと思います。

肉体と心と気があってこそ人は生きています。
肉体は六根(目・耳・鼻・舌・体)と(心)でできており
心は喜怒哀楽というもので
人には、それを表現することで見えます。
でも「気」は見えない。
けど感じます。

最近、この「気」を上手に持てない人が多くなったような・・・。
自分のための「気」は使ったりもらったりはするけど
他人の為に「気」を使わない
子どもや動物の虐待をする人?、いや・・・もはや「人」でもなく
ただの「人で無し」が多い
どっかの偉い、国を動かしている人 とても偉い人たち
自分の国を守っているのだろうけど
どうも 
本当に人一人一人の事を守ろうと思っているのか
結局は
「気」は「欲」→「強欲」に変わっています。

そういう自分も偉そうに言えず
もう少し
人に「気配り」したり
「気」を察し、欲を捨て
目の前のことを大事にしなければいけないのに
なかなか出来ない
まぁ「気」を落とさずに
これから先も自問自答しながら精進せねば

気が乱れると
病気になりやすくなります。
元の気がなくなる→元気がなくなる
わけです。
ストレスが溜まるというのは悪い「気」が溜まるということですね。

肉体のDNAとか
生活習慣とか
いろいろな原因で肉体のバランスが崩れる
とか
ストレスが原因で心のバランスが崩れる
これが病気→「気」が「病(や)む」状態ですね。

体(肉体)の病気は
まず病院に行きましょう。
病院にいくと「病名」を教えてくれます。
でも もちろん
心の病名みたいに、名前がつかない病気も沢山あります。

時々
病院を廻っていても原因が分からず・・という方がいます。
そうですね。
とても辛いですね。
私もいくつかの病気をしたので
肉体の不調は 本当に辛いものです。

特に女性に多いようで
その中のひとつに
「慢性疲労症候群」という
どこの病院にいっても原因が分からず、でも全身の倦怠感・微熱・思考の低下など
体が動けなくなったりする病気があります。
まだ世の中に認知度は少ないですが
どこの病院にいっても分からないと言われた方は
こういう病気もあるという事を知ってください。

それでも
自分は何か原因が分からず・・それを霊的に何か・・・と心配される方がいます。

いろんな霊能者のところを廻り相談される方もいます。

霊能者の中には
癌を治した・・・とか
寿命を延ばした・・・とか
神々さまの名を語り奇跡を起こす人がいます。
凄いですね~
ある意味
畏れを知らない人たちです。

私が
もし、そういう力を持っているならば
まずは
世界中の難病の子供たちを救いたいです。

貴方が
もし
病気を治すという霊能者の方と接しており
その方の言葉を信じるならば
まず
ホスピスに行き奇跡を見せてほしいと言ってください。
イエスキリストのような奇跡を目の前でみせるべきです。

人間ごときが
人様の命を 左右することは断じてないと思います。

人は潜在的に治癒能力というものがあります。
肉体の病気は、まず病院で診断してもらい
処置をしてもらう
もちろん、根が深い心の病気の中にも、
現在の医学で治せない病気もあります。

でも「気」という
素晴らしい免疫力を持っています。
全ての人間に備わっている力です。

現在の医学治療とともに
ご自分の「気」を上手く利用してください。

前向きに「気」を蘇らせ
「気」の「力」を上げましょう
病気でなくても
心の「気」を上げましょう

その為には
まず 初めの一歩は
全てのものに「感謝」することです。
「恨み」「怒り」「嘆き」は
悪い「気」を渦のように巻きこみます。
辛い時こそ
沢山の涙を流して
上を向いてください。
必ず「気」は上がってきます。
でも
「気」を上げすげて気張るのも疲れます。
また
「気」を抜かすのも効果はありません。
信じて 自分のペースで上げていきましょう。
そして
回りの人の優しい「気」を沢山、沢山、頂きましょう。

一人で寂しい。誰もいない。
誰の世話にもなっていない。
と孤独の底に落ちないでくださいね
人は一人では生きてはいけません。
食べるもの口にするもの全て
誰かが作ってます。
形となって貴方の目の前にあります。

霊能の師が言いました。
空気がないと人は死ぬ
誰にも世話になっていないと言うが・・・
それは神々が作り自然が作ったもの・・・
それだけでも一人では生きてはいけません。
すべて感謝こそ・・です。

もし病気の人がいるなら
悩んでいる人がいるなら
「気」を変え
良い「気」を持ちましょう
自分で持てないなら
回りの人に「気」の「元」をくださいと言いましょう
「元気」になり笑いましょう
そして
今度はあなたが周りの人に「気」の「元」をあげましょう。

「自分の心気」⇔「神気」を感じ
「運気」を上げましょう。

私も
そうするよう努力します。

<お願い>
時々、メールやコメントを頂くことがあります。
その中に、霊能の師を紹介してくださいという内容が多くみられます。
申し訳ありませんが、霊能の師の紹介をすることはできません。
ご了承くださいますようお願い申し上げますm(__)m

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m







スポンサーサイト



「天気の子」・・晴れ女は稲荷系?雨女は龍神系?で私は・・・

なんか・・・雨が続くなぁ
九州地方は、毎日、映画の「天気の子」みたいなラストシーンが続きます。
九州北部では災害になっていて、心配ですね。
早く雨が止んで復旧してほしいです。

今は 雲の間から少しだけ晴れ間が・・・・
それでも洗濯物が乾かず・・・昨日はコインランドリーに乾燥だけしにいくと
機械はフル回転でした(笑)

「天気の子」の中で占い師のおばあさんが
「晴れ女」は稲荷神系
「雨女」は龍神系と言ってました。

稲荷は稲作や作物の神さまで天気を司る
龍神は水の神さまで雨を司ります。

面白いですね~

私は 俗にいう「晴れ女」です。
なので映画によると「稲荷系」ですね。
神社仏閣を廻る時は 必ず雨が止むかな~

まぁ100パーセントではないですが、
たまたま・・・なんでしょうけどね~

参拝目的の時の旅行なんて・・・
先日の伊勢神宮詣り・・・台風直撃で飛行機も飛ぶか飛ばないか
飛んでも途中で降ろされるかも状態
他の便は欠航でしたが この便だけは無事に到着しました。

それでも熱田神宮参拝の時は大雨で、不思議に地下鉄から表にでると霧雨になり
地下鉄に戻ると天が敗れたように豪雨と雷でした(笑)
翌日の伊勢神宮参拝の時には 昨日の豪雨が嘘みたいに、晴れまくり
本当に有難いです。

なので
自分では、水を司る雨を止めることが出来るから「龍神系」だと思っていました。
そう考えると
龍神系は水を司るから雨を降らせたり止んだりすることができる
稲荷系は晴れを司るから晴れたり晴れを止めたりできる
結局、ものは言いようか・・・逆でもいけますね~(笑)

それにしても
稲荷系とは・・それはそれで面白い(笑)

あまり稲荷系の神社へ行くことは無いのですが
そういえば・・・なんやかんやと不思議なことが・・・
祷っている間に、大勢の砂利を踏む足音が聞こえて目を開けると誰も居ない・・けっこうビビったり
参拝終わると 大鷲か鳶かが目の前をバサッと通って驚いたり
写真を撮ると ありえないほどの歪み

いつもながら 
それが何なんだ・・・と
意味があるなら 教えておくれっとお願いするのだけど
いつも分からずスルー
まぁ・・・よく詣ってくれたじゃん
という印なんだと勝手に思っております。

稲荷さまは「怖い」って言いますね~
確かに
龍神も怖いのに
何故か稲荷さまは・・・
まぁ 正直 顔怖いよね~

稲穂と巻物を神界から持って、人間にとって大事なもので・・・
願い事や何や
叶えてくれるのに
何故か
お礼をしないと 祟(たた)るとか・・・
あっ
祟るという漢字についての意味はまた後で書きます

そもそも祟るって言ってんのは人間の勘違いなんだよね~
本当は優しくてフワフワと優しいんだけど
やっぱり
顔だね~(笑)

顔怖いよってツッコんで写真撮ったら
画像が歪んで
笑ってしまいましたが、
人間味があり、人間の声を一番近くで聴いてくれるのが稲荷神なのですがね~

龍神さまや稲荷神さま
最近は、その背におられる神々さまより眷属の方に目をいかれる方々が多いです。
少し残念な気がします。
眷属様は他にも 沢山いらっしゃいます。
鳳凰・白虎・玄武・・・そうそう四神ですよね~
この眷属にも注目してほしいです。
晴れ女とか雨女とか
何か他にもいろんな意味があると思いますよ~

ああ・・そして
先日、晴れ女のことを霊能の師に聞いたら
龍神系とか稲荷系とか
そんなものは聞いたことが無いと(笑)
でも
確かに不思議なくらい貴方みたいに晴れを連れてくる人・・・
(天気の子)はいると言っていました(笑)
まぁ師の冗談にしても
嬉しいですわね~(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます。
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m


*CommentList

天照大御神さまは男神さま?女神さま?

先月末に、念願のお伊勢参りをしてきました。
88歳の母と姉と・・親孝行参拝です。
母は高齢なので名古屋からレンタカーを借り、車から降りて歩かないように移動は車いす。
伊勢神宮では有料で車いすを押してくださるガイドさんがおられるので、
今回は私たちもゆっくりと参拝ができました。

ここに鎮座されている神々様は天照大御神さまだけではなく沢山の神々様がおられるとのこと。
それでも参拝の方々のお目当ては天照大神さま

それにしても 
人 人 人
観光客だらけ

日本で一番凄いところだから神気は半端ないと想像してました。
が、
人、人、人がやけに多く・・・
全く 神気を感じませんで

質素で
厳かで
シンプル
これが伊勢神宮の感想です。

でテレビでよく見る天照大御神様に一番近いところで祝詞を挙げさせて頂きました。
が、人が多く、全く祝詞に集中できない。
邪魔にならないところで端っこで頑張って祝詞を挙げさせて頂きます。
それでも人 人 人
まぁ拍子抜けした感じです。

っと同時に天照大御神様は ここから遠い遠いところにおられて
日本で唯一
天照大御神様を一番近くで拝まれると思ってたのは私の勘違いで
上の上から遠く遠く果てしない天界から私たちを見ている感じでした。
だから目の前に鎮座されて肌身で感じられるというのは思い違いでした。

で、そこから帰ろうとしたとき、天照大御神さまがおられるお社に手を合わせると
卑弥呼さまぁ~というギャグの髪形をして、髭の濃ゆい古代の格好をした姿がバンっと目の前に現れました。
ほんの一瞬です。
ギョえ?
え?男?
っとビックリしました。

いかん、いかん、これは いつもの妄想だ‼‼
女神様だと思っていた私は
思わず ええ?男かい?っとツッコミました。

古代の格好と男ということに
めちゃくちゃビックリしまして・・・
その顔が忘れられない。
あれは何だったのか
天照大御神様だったのか・・・なんと畏れ多い妄想(笑)

で・・・この前、霊能の師に天照大御神様は
男ですか?女ですか?って聞いてみた
神さまの事を、あまり詮索しない!って言われたのですが
コソッと
自分がみた お姿は白髪で白い髭が生えてたおじいちゃんだと
ギョ
嘘?
マジ?(笑)
そうか・・・男か・・・

今まで見てた
あの金の冠と雅なお姿の女神さまは天照大御神様ではなかったのか?
いやいや
見る人の気持ち?
お社ごとに違うの?
なんて、
考えても分かりません。

まぁ神さまなんだから、どっちだっていいの
そうだよね~
だからどっちでも・・・
で、さ、何だっていう 話なんですが・・・
不思議な違和感を経験した瞬間でした。

貴方様の思う天照大御神様は男神ですか?
女神ですか?

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m
*CommentList

お稲荷の女神さま 真夏の昼の夢

最近、霊能者とは何ぞや?と考えることがあります。
私の中では
霊能者というのは・・・あくまでも人を救うという人たちのことを言います。
できれば私利私欲がなければいい
脅かさないで知らないうちに祓い清めるお方が良い
そして奢らず高ぶらず穏やかで愛嬌のある人が良い
聞いてもいないことを自慢げに話さない人が良い
などなど

尊敬する霊能の師より
「神遊び」「霊遊び」をするなと厳しく言われております。
人の人生を言霊でもてあそぶことのないように・・・です。

最近、ひょんとある霊能師さんとお会いすることがありました。
友人を交えてファミレスで話を4.5時間しました。
まぁ人助けで活動されているので・・そう悪い人でもなさそうで・・
その方は各地に出向いて普通の霊能者が手に負えないものを成敗するという
ご本人は鬼退治と申してました。

その方と会う日の朝
夢かなぁ
二尾の小さな狐?お稲荷さんが視えました
妄想だろうなぁ(笑)

2時間車を走らせ、その霊能師さんとお会いしました。
50代位のおじさんと40代位の奥さま
友人とその方々が話をします。
私は、それをジ~っと聞いてるだけ
時折、友人が私に
何か質問とかない?っと聞く
私は「今のところ・・ない」と笑って誤魔化す。

そんな事より
その方の後におられる稲荷の女神様が気になってしょうがない(笑)
白い着物・・・ん~巫女さんか?十二単か?
赤い梅か桜か小花が散りばめられています。
襟元の赤・・・正確には朱の色が艶やか 美人(笑)
おやおや・・・?
着物の膝あたりの後から クルりんとした尾っぽが出たり隠れたりして、フリフリしている。
もしかして〇〇稲荷さま?
もうアニメの世界みたい!
妄想だ、自分の想像だと躍るこころを冷静にしようと思ってはいますが
向こうは なんと、涼しげな顔

男性の話も だんだんヒートアップしてくる。
古神道と密教と?を混ぜ込んでる。
本人は、良いとこどりしてると話します。
正直、分からない。
悪い人じゃないんだよね~

女神様、
あらあら毛が体の外側を覆い始めた
最初は後光?と思っていたら微妙にふさふさしている

「さっきから尻尾をフリフリしている女神様が見えるんですが~だんだんそれが体をまとってですね~」
というと
その人は〇〇稲荷神だと云い
「九尾ではないですか?」っと
九尾かどうかわかりませんけど、体の回りを覆ってきましたよ~(笑)
正直、アニメみたいです。
ひとつの疑問
何故稲荷信仰なのに古神道なのか密教なのか
はたまた新興宗教の開祖の名前まで出す・・・
ますます、この方が分からない
でも人を騙したりもしてない
ん~・・・

そして、しばらくして、そのお方に
その御稲荷の女神様、私のこと何て云ってます?っと聞くと
「言わなくても分かるでしょう?」
でた!‼‼
私の嫌いな答え
分からない人ほど、答えたくない人ほど
このオウム返しの言葉を云います。
思わず苦笑い

じゃあ貴方は、その女神様からなんて言われてます?っと聞くと
「50過ぎてるのに未だに小僧っと言われてます。わははは…」
なるほど
ウケる(笑)
それは正直(笑)

稲荷さまというと正直怖い気もしますが
穀豊穣の神さまでもあられます。
稲荷神々もいろんな神々様がいて階級もおありで・・・
私が視た、この稲荷の女神様は
どのあたりかは知りませんが
なかなか面白く人間味のある女神さまだと思いました。
女神様なのか稲荷神の使いなのか化けてんのかな?
はたまた、その方のおばあ様なのか・・・
あ、おばあ様は霊能があり稲荷神社で稲荷伸を祀っていた人らしいです。
どんな理由があったのか
一代で、そのお社を閉じています。

まぁ結局、正直そのお姿が何ものなのか・・・分かりませんが
おばあさまが祀られていた〇〇稲荷の女神さまと勝手に思う事にしました。

話も終わりになる頃に
その女神さまは 後へ歩いて行かれて 
フッと見返り美人の絵のように振り向き 
私に一言
「こわっぱ」と申し、ニヤリと笑い行っていまいました。

「え?こわっぱ?」「小童?」
え~っと意味は?
スマホで検索。
その意味は、子供や未熟者をののしる言葉、小僧・若造など・・・

お前ごときが私を語るなと 戒めたのでしょうか
でも口角を挙げてニヤリと笑ったお顔には愛情を感じました。

何故か楽しくなってきて、
思わず「ナイス!グッジョブ!」と私もニヤリ(笑)
あ~私この女神様、好きだなぁって思いました(笑)

未だに、それが妄想なのか
思い込みなのか分かりませんが
粋の良い女神さまでした。

そのご夫婦が今後どうなるのかは分かりませんが
鬼退治をしながら、おばあさまの畳んだお社を再建すると語っていました。

朝見た子ぎつねは このご夫婦だったのでしょうかね~

何とな~く、いろんな意味も視えたような・・・(笑)

それにしても
あの女神さまと会えた?
まぁ妄想の世界ですが・・・
真夏の夜の夢ではなく真夏の昼の夢だったのかしら
とても貴重な体験をさせて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m



ライアー(竪琴)の力

毎日暑いですね~
熱中症にならないように水分を取ってくださいね~

昨日やっと観音様とおじさんの話を書き終えて
私の持っているライアーって不思議だなぁっと、つくづく思います。

神社仏閣に参拝するときは持っていき奉納演奏をするようにしています。
神々様や仏様観音様に・・・っというより
本当は当の本人の私が一番癒されていると思います。

これを作って良かったと いくつかの場面で感動することはありますが
その中で
本当に役に立ったっと思ったことがあります。

私の友人でもあり尊敬している人が5年間の闘病の結果
長いお別れをすることになり
その二日前に親族の方より最後に会ってくれないかと電話がありました。
彼女は私の弦楽器の師匠でもあり先輩でもあります
病院に、その弦楽器を持ち込むことはできません。

このライアーが天界の音と言われるなら‥役に立つかもしれない。
音を届けたいと思った私はライアーを持っていきました。
病室に入ると彼女は意識朦朧としていて起きているのか眠っているのか・・・反応しません。
ベッドの周りには幼馴染の友人たちも駆けつけてきてました。
私は先生に声をかけ、〇〇(弦楽器)ではないけど音は似ていて近いから・・・
「先生聞いてね」と言いライアーを弾き始めました。
すると彼女は奇跡的に 目を開けて音に反応しました。
娘さんや幼馴染の方々が泣いてます。
「先生、一緒に弾きましょう。〇〇で沢山演奏会しましたよね~」と言い
ライアーを近づけると 奇跡が起きました。
点滴の繋がれた手をライアーに近づけ弾こうという意思を示しました。
そして何秒か弦を爪弾き、顔には涙が・・。
やっぱり弾きたかったのだろうな~

病気で右半身が麻痺して音楽を断念して 
好きな教師の仕事も辞め、〇〇の演奏も辞め
長年使った思い入れのある弦楽器を私に譲りたいと・・・言われたのは昨年の夏

正直、先生の思いを受け止めるまでには重すぎて、時間がかかり、すぐに返事ができず・・・
やっと今年の5月に覚悟を決めて、その楽器を頂くことにし、
形見というより、これからも弾き続けていくという思いや願いを受け止めて決心しました。
とても高価な楽器です。
私が買えるものではない位、高価で・・・私には勿体ない楽器です。
頂く資格さえないのに・・・
でも決心しました。

それを頂きに行ったときに、私と先生、どちらも笑顔でした。
先生の意味も思いも分かっていて・・・あえて笑顔で引き取りにいきました。
ご主人に支えられ、脳にも病気が進行していたので言葉も呂律が回らずに・・
一生懸命、これを頼みますと言われました。

先生の車を見送り…車が見えなくなると同時に我慢していた涙が溢れてきて、しばらくその場から離れられませんでした。
そして涙を拭いて、車に乗り帰ろうと先生の家の近くを通ると、先生が歩道に杖をもち立っていました。
自分の楽器を最後まで見送っていたかったのです。
車の中から「先生、またね~大事にするね~」と車を走らせます。
あえて立とどまらず、未練を残さないように 涙を見せないように、さっとアクセルを踏みます。
でも涙が止まりません。
バックミラーに先生の姿が映ります
その姿が・・思いが・・・頭から離れません。

このライアーが神界天界の音とするなら
どうぞ、この音とともに上に上がられる先生を導いてくださいと願いを込めて弾かせて頂きました。
私のささやかな恩(音)返しでした。

ライアーは私とライアー自体に力があるわけではありません。
これは何かを繋ぐ道具だと思います。
その方の人生が音となる時もあり、聞いている人にメッセージとしての機能も果たします。
双方の力や思いが音となり奏でます。
私は、これからも 想いを乗せて 癒す音を届けるために、たくさんの音を奏でていくと思います。
長崎ではお盆で精霊流しという風習があります。
先生をはじめ、多くの人の魂が癒されますように祷ります。

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m




右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア