FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑱サムシング・グレート

「岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち」も最後になりました。

最初に足を踏み入れた中社は、年に何度かはご挨拶に行かせていただいてます。
どなたが行っても、何度いっても、清々しい空気と青葉の向こうから差し込む陽光に暖かく迎えてくれます。

人は太古より、「神々様」への「畏れ」を知っているからこそ樹木や磐座を依り代に 三次元の今世に「神さま」をお呼びして供物などを奏上し祷り祀っていました。
その後は、神を模して 想像で姿や像を作り、絵を描いて偶像化したものが神像・仏像で、建物として立体化したものが神社仏閣や教会です。
その「神々の鎮座する場所」・・つまりその奥には「空気」しかないのですが、「祷り」という「念」の先の空間に「神仏」が居られるのです。

この「岩戸三社物語」は、貴方様の胸の中におられる「内在神」を呼び起こすキッカケとなる事を願っております。
ここに出てくる神々様は、日本全国津々浦々に鎮座されています。
語り継がれている話も沢山あり、地方によっては話が全然違ったり、名前も変えられたり、封印されたりと
時代と共に どれが本当なのか、ねつ造された話かどうかも分かりません。

私が語る話も あくまでも歴史の流れや文献と私的な感情とが複雑に入り混じっているとをご了承ください。

「水」の女神       「水波能売命(みずはのめのみこと)」さま
「海」の女神       「豊玉姫(とよたまひめ)」さま
「土と土器」の女神   「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さま
「岩と長寿」の女神   「岩永姫(いわながひめ)」さま


「水」は 人間の命の源です。人の身体の50~75パーセントは「水」からできています。
お母さんの胎内にいた時も「羊水」に守られて成長します。1個の卵細胞は10カ月の間に、人類の進化の過程を踏み、人となります。勾玉は胎児の形をしています。
また命は「海」からとも言われ、「羊水」や人の体内の塩類は「海水」の中の塩類と同じと言われており、人の生命維持にも「塩」は不可欠です。
そして米や田畑を耕すには「土壌」が必要です。
「土壌」には「水」と「光」を頂き、農耕民族の日本人は田畑を耕し、米を作って、それを栄養にして成長します。
勿論、食べていくには器が必要で、「土」から「竈」(かまど)や「土器」を作り、道具として利用し、「岩石」の集合体つまり鉱物「石炭」で「火」を熾(おこ)し「鉄」を作り、あるいは神さまに祷る時の宝石や勾玉も作ります。
そして死に行くときは、人は「土」に戻ります。
「地球」は母なる星とよばれ「アクア(水)」とも「ガイア(地母神)」とも呼ばれます。
偶然でしょうか、神棚に、御供するものとして「水」「塩」「酒(米と水)」「榊(さかき)」「火」があります。

このように4柱の女神様は、人が生きて行くために不可欠なもの 「命」の基の「源(みなもと)」であり、それを守ってくださっている女神さまです。私たちは、知らない間に、姫神様方々をはじめ、他の多くの八百万の神々とともに生かされています

どうぞ これを知ることで、自分の中の「内在神(サムシング・グレート)」を意識してください。
その「サムシング・グレート(大いなる存在)」は「宇宙」から「光」が届くように、優しく時空を超えて自分の「魂」に、しっかりと刻み込まれます。すると自ずと「感謝」の心が芽生え生きやすくしてくれると思います。

三社の姫神さま方々の御利益は
「縁結び・聖母・福・子宝・安産・延命長寿・縁切り・雨・商売繁盛…」です。
三社詣りをして、女神さまとの距離を近づけ、色んな所で「神仏の息吹」を感じてください。

これこそ「祷り人がいて神は生き、神ありて祷る人が生きる」ですね。

最後に、この「岩戸三社物語」は、「国見町郷土史」「有明の歴史と風土」を参考にさせて頂いたうえで、私の個人的な意見と想像であります。三社に祀られておられる神々様は明治に書かれた「長崎神社明細帳」に史実でありますが、「音姫神社」の御祭神の記述はありませんでしたので私の想像です。霊能の師のお力もお借りしてスピリチュアル的な部分と史実を組み合わせて想像の産物として創作してますので、どうぞ物語として読んでくださいますようお願いいたします。IMG_2456.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m








スポンサーサイト

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑰総集編 

岩戸三社物語の4柱の女神様たちは、「命の源」であり「繋がり」の源です。
そして、その もう一つ大事なものとは・・・それは・・・

「太陽」と「月」
どちらも地球には 無くてはならないものです。
どんな条件が揃ったとしても、「光」がないと何も産まれません
光があってこそ「命」は産まれ育まれるのです。
岩戸三社の女神様たちも この「太陽(天照大御神)と月(月読命)」の神々様と表裏一体となり守り守られているものと思います。

「光」というと
「赤岩神社」「岩下神社」の御祭神が祀られている「烏兎神社」は「⑬上宮編鳥甲山(烏兎山)とかごめかごめ」にも書いてますが、
「烏(う・からす)」は 「太陽神」の使い「八咫烏(ヤガタラス)」
「兎(と・うさぎ)」は 「月神」の使いの「うさぎ」と言われています。
「太陽」と「月」です。
この「烏兎神社」は、古くより地元の人たちからは「お天様」と呼ばれ、それは「摩利支天さま」と呼ばれております。
「摩利支天」さまは、太陽や月の光線つまり陽炎を神格化したものとあり、この神社の名前に「太陽」と「月」の意味が入っているというのは納得いきますね。
また戦いの神さまでもあります。武神として古えより、島原藩主をはじめ、その藩士たちにも崇敬されていたようで昭和20年頃までは武運の祈願はつづいていたものであるそうです。
そのうえで、鳥甲山の「赤岩神社」の御祭神(武甕槌命(たけみかつちのかみ)さま、経津主命(ふつぬしのみこと)さま)が、戦い・剣の神さまでもあるということから、大正の初めに「烏兎神社」に遷宮されたのも、そういう意味(ご縁)があることだったのでしょうか。

その摩利支天さまは「唐金(からかね)」のご身体で猪に乗って八本の手に各々弓や刀などをもっていて、外国から渡ってきた高貴な像だそうです。
まだお目にかかったことはありませんが 機会があれば拝顔したいです。

烏兎神社の鳥居(名前の所が亀の形です、何故兎ではなく亀?)
S__15917060.jpg

烏兎神社
S__15917059.jpg

「上宮」の女神様「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」について不思議なことがあります。

明治時代に書かれた「長崎神社明細帳」によりますと、「赤岩神社」の御祭神は、武甕槌命(たけみかつちのかみ)さま、経津主命(ふつぬしのみこと)さまと大山祇命(おおやまつみのみこと)さまの3柱の神さまです。

ここには何故か「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さまのお名前は記載されていません。

何故「赤岩神社」の明細帳には記載されていないのでしょう?
何故、記載されていないのに「岩下神社」の明細帳には「赤岩神社」より遷宮と記帳されたのでしょうか?
何故でしょう?同じ鳥甲山で同じ神社の名前があったのでしょうか?ありえない。
それとも大昔、烏兎神社は女人禁制で「参籠」もできないなかったので、女神様を「烏兎神社」に遷されることに抵抗があり「岩下神社」へ遷したのでしょうか?それもありえないです。
この謎は、いつか烏兎神社の禰宜さまか関係者とお会いしたら、聞いてみたいと思います。

そしてもう一つ、長崎神社明細帳を見て分かったことが
それは岩戸三社「下宮」「中宮」「上宮」ともに、山の神(大山祇命)様が祀られております。
前にも言いました通り、山の神は伊弉諾(イザナギ)と伊邪那美(いざなみ)の子どもであり、岩永姫さまの父神となります。

もともとこの地は山岳信仰から始まっているので「山の神」さまを祀るのは自然なことです。
それは偶然でなく、必然で、当然ながら他の様々な神々様や観音様方のお姿も見え隠れして、別神でもあり表裏一体化された神々や、隠された神々と複雑怪奇であります。

古によりこの半島の各所の町や山の名前の由来も、さまざまな物語の歴史が含まれており、「瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」さまが天孫降臨された土地でもあるという言い伝えや、大国命(オオクニヌシノミコト)さまの魂が秘密裏に隠されている土地だとも言われ、それは単なる言い伝えなのか事実なのか・・・神のみぞ知るです。
しかしながら、この岩戸三社を囲む山々は、神々の天降る山、祖霊の宿る山であることは間違いないと思っております。

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げます

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑯総集編 

霊能の師から話を聞いたときは
島原は細長き地域で「伊弉諾(イザナギ)伊邪那美(イザナミ)」の権力強い国だったと聞きました。
調べていくうちに、三社物語の神社は全て この2柱の神さま伊弉諾(イザナギ)伊邪那美(イザナミ)の子どもや孫となっております。

ここで登場する姫神様は4人
「下宮」吾妻と「中宮」西郷の「岩戸神社」 の「水波能売命(みずはのめのみこと)」さま
「中宮」西郷の「岩戸神社」 「岩永姫(いわながひめ)」さま
「上宮」今は「岩下神社」に鎮座されている「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さま
そして同じく「上宮」の「音姫神社」の「豊玉姫(とよたまひめ)」さま

水波能売命(みずはのめのみこと)さまと「埴安姫命(はにやすひめのみこと)さまは「伊邪那美(いざなみ)」が死ぬ間際に、尿と糞から生まれたとしています。
何年か前に「トイレの神さま」という歌がヒットしました・・・
「♪トイレには、それはそれは綺麗な神さまがいるんやで」
「だから毎日綺麗にしたら女神様みたいに、べっぴんさんになれるんやで♪」
japan_amaterasu_oomikami.png

トイレの神さまと言われる2柱の女神様。他にもおられますが・・・
この唄は本当の事だと思います。

水波能売命(みずはのめのみこと)さまは「水」の神さま
水道を使う台所、そしてトイレ、水回りは 昔から綺麗にすると運気が上がると言われています。
島原は、太古の昔から活火山の影響で何度も山が噴火し「湧水」が町中にあふれ、「水」が潤っています。
「水」は生きる源。農耕民族の命とも言えます。
人々は「水」を大切にし、感謝することで生きる糧としてきました。

「埴安姫命(はにやすひめのみこと)さまは、田畑の土の神さまです。
水と同じく、日本人にとっては田畑も大事です。
米を作り野菜や果物を作る。そしてそれを食す土器、それも土からできています。
五穀豊穣、豊作の神さまです。

岩永姫(いわながひめ)さまは長寿の神さまです。
伊弉諾(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の子ども「大山祇命(おおやまつみのみこと)さま・・・山の神さまで 
その神さまの長女になり、絶世の美女、木花咲耶姫さまは妹になります
妹に対し、岩永姫さまは「ブス」の代表みたいに言われていますが、私のイメージする岩永姫さまは、妹と同じ美女でクールな姫神さまだと思います。お顔を隠しているのは恥ずかしがり屋だからです。
国歌「君が代」の「苔のむすまで♪」は、「苔むす姫」と言われる岩永姫さまの事で、永遠という意味があり、「長寿」「繁栄」を意味します。

「豊玉姫」(とよたまひめ)さまは、「綿津見命(わたつみのみこと)」さまの娘になります。
山の神さま「大山祇命(おおやまつみのみこと)」さまと 海の神さま「綿津見命(わたつみのみこと)」さまは兄弟で
伊弉諾(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の子どもになり、「豊玉姫」さまはお二人の孫となります
「海神の宮」におられ昔話「浦島太郎」に出てくる「乙姫」さまと言われます。
私のイメージする「豊玉姫」さまは、情愛慈悲深く、芯の強いお方であります。

「水波能売命(みずはのめのみこと)」さま → 「水」
「岩永姫(いわながひめ)」さま → 「岩、延命長寿、家内安全、縁結び」
「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さま → 「土壌、五穀豊穣、土器」
「豊玉姫」(とよたまひめ)さま → 「海、安産、子孫繁栄」

日本には八百万の神々様方がおられ、神羅万象全てのものに「神」が宿るというのが「神道」でもあります。
ここに祀られている「女神」さまは、人が生きて行くうえで大事なものばかりです。

「海」は、髪飾りを付けた母のことで、それは「産み」であり、産みなる母より「命」を頂いております。
食べていくためには、食物が必要で、そこには大地(土壌)と水が必要です。
人は田畑を耕し、食物を育て生かされております。
自然のなりわいに感謝し、見えないものの世界を感謝する。それが「祷り」となり、磐座に「祷り」の象徴を作ります。
「祷り」という「想念」は 魂の輝きとなり 視えないものの守護ができ「五穀豊穣」「家内安全」「子孫繁栄」に繋がります。

また神棚には 祀られておられる神々様に 「お神酒」「米」「塩」「榊」を備えます。
「お神酒」は「米」と「水」からできます。
「塩」は海から、「榊」は山から、神々が宿る「依り代(よりしろ」とされます。

そう岩戸三社物語の4柱の女神様たちは、命の源であり「繋がり」の源なのです。
でも、それにもう一つ大事なものが・・・それは・・・

つづく

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げます

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑮総集編 ちょっと長いつぶやき

その霊能の師の方々との出会いは、本当に不思議な巡り合わせでした。
皆、多くの方々から信頼されており、また沢山のお弟子さんからも慕われ尊敬されております。

最初、私なんぞは 霊能もなく ただの興味本位でのスタートで
それが「縁」という見えない線が点と点で繋がり
同時に不思議なことが多くなり、遠ざけ忘れかけていた神仏への想いが復活し
その有難き存在の中で生かさせていただいていると言う実感を授けて頂いております。

もともと小さいころから 自分の運命に失望していて
人は何のために産まれてきたのか

何故、人と自分は違うのか 何故こんなに苦しい思いをするのか
世の中は理不尽なことで成り立っていると思っておりました。

しかしながら
教会の隣で育ち、家は仏教、嫁いだ先は神道 と
祷りに囲まれて生活をしていたので
神仏の存在そのものは否定はしなかったものの
この不条理を生み出すものはなんなのか?
それは神仏が影響しているのか?
自分のご先祖様・・・ルーツに問題があるのか
前世の行いの 償いが今 ここにあるのか
など
見えない世界への 不満と疑問はいつも頭の中にありました。

十代の時に 何度か大きな手術をしまして 激痛の中、
自分の運命を受け入れるという 有効な手段は「あきらめ」しかなく
その時に 神仏に頼ることを覚えました
その頃、ただひたすら祈った日々があります。
手術を控えて その激痛に耐えられるようにと祈りました。
すると「奇跡」は起こりました
今までの激痛の1/10くらいの痛みで終わりました

今思うと痛みを避けたいと思う自己催眠だったのでしょう(笑)

それから ちゃんと宗教を学びたいと 数ある宗教団体に 興味本位で覗いてはみるものの自分の考えとは違い
覗いたところは、神仏よりも教祖や団体や戒律が偉いような教えがあり そのたび幻滅しました

どこにも属さず自分なりに祷っても 生活が変わることはありません
やっと病気から解放されると 今度は次から次へと 問題は起きます
最悪だったのは、21歳の時に 兄が事故で無くなった時、
何故、期待され必要とされる兄がこの世からいなくなり、必要とされない自分が生きているのか
この時は この不条理を呪いました
その後も 次から次へ予期しないことが起き、その怒りや悲しみをどこかにぶつけることもできず
無気力に 一日一日を生きておりました
そして 「このままひっそりと何も期待せず生きて行こう」
そんな時 道端で知り合いから声を掛けられ、多分私が暗い顔で歩いていたのでしょう
すれ違いざまに 「〇〇ちゃん、下向いて歩いちゃだめだよ。四方八方塞がっていると思っていても天は空いているんだよ~だから顔をあげて歩きな」と言うと そのまま歩いて行きました
今思うと、天からの声だったのかな
「ああ…天(神仏)ってあるんだ・・・・とりあえず顔あげよう」
不思議ですね~開き直ったせいか、そこから少しずつ 人生が明るくなってきました

まぁそれから、なんやかんやと ありましたが、ご縁があり30歳で結婚し、子供も授かりまして、私にも平穏な時を過ごさせて頂きました。
時代と共にスピリチュアルが流行って来て 沢山の霊能者さんが テレビなどで取り上げられ、それらに興味は持っても やはり 違和感はあり、身近で 神仏のことを詳しく教えてくださる方とも めぐり合わず・・・

そして又体調を崩し、何度か入退院を繰り返して
懲りもせず又、己の運命を人と比べて落ち込み
この不条理は何なのか・・
知りたいと思いながらも 病気と向き合い。回復後は、また仕事と子育てに悩む暇もなく・・・時は流れ

そんな中、今の霊能の師の方々と奇遇な偶然の出会い
消えそうな点と点が「ご縁」という不思議なもので結ばれた時に
今までの神仏への疑問が 少しずつ解かれ 不思議な世界へ足を踏み入れることとなりました

神々様のことや教えを 沢山教えて頂き
「何のために産まれてきたのか」「この不条理は何なのだ!」
などは・・・死んでから分かることなので 今は考えることでもなく
大事なのは、今!
まぁ日々、いろいろ哀しいことも ムカつくことも 沢山あり
ホントに少しではあるけれど 
人は一人で在らず、
見えるもの見えない世界に守られていることを自覚し
「感謝」と思えるよう心を切り替え
ちょっと 上の世界におられる神々様や仏様、ご先祖様方々に 
「なんやかんや、いろいろあったけど・・・ほぅ、頑張ったやん」って 
褒められるような人になろうね と教えて頂きました。
難しい教本も戒律もありません。誰にでも分かり誰にでも出来ます。

自然体で ありのままを受け入れて進み、喜怒哀楽を出しながらも向上心をもつ、余裕があれば神々様、仏様方々、ご先祖様方々、家族友人知人に感謝申し上げる。
宗教って 本来はそうあるべきですよね。
全ては 光の導きです。

ああ本題に入る前に・・長くなってしまったm(__)m
つづきは次回へ

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)

岩戸三社物語~命をつなぐ女神たち ⑭上宮編 土の姫神様

先日、ひさしぶりに岩戸三社物語に出てくる「中宮」へ参拝にいきました。

2666.jpg

知人のカメラマンさんの作品です。
綺麗ですね~

今回は、このところの天変地異のことで いろいろと願いも多く
見えないところで 数多くの神々様が お働きになられていることへの感謝を祈ってきました。
祷っている時に、頭の上を強く二度何かに押さえられました。
なんでしょうね~?
ん~分からないのでスルー。そういう時は、ただただ無心に祈り続けるだけです(笑)

ところで
やっと「岩戸三社物語」最終になりました。
今までのをワードで整理すると20ページにもなりました。
そして 最終編を書き上げる上で、二度三度読み直しました
まぁ 文章能力は低く、支離滅裂です・・・
文才のないままですが
その辺は ご勘弁くださると有難いですm(__)m

では上宮編 土の姫神様

「岩戸三社物語」の「下宮」「中宮」「上宮」は
私の推察するところの個人的な見解ですので 
妄想と言われても反論することもありません
そのうえで書かせていただいております。

「下宮」は三室にある「岩戸神社」 御祭神は 「水波乃売神(むずはのめのかみ」さま
「中宮」は西郷にある「岩戸神社」 御祭神は 「岩永姫(いわながひめ)」さま
「上宮」は鳥甲山中腹にある「音姫神社」 御祭神は 「豊玉姫(とよたまひめ」さま 
そして「赤岩神社」 御祭神は 「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さま
※現在は烏兎神社境内の岩下神社に祀られています

              
さて、しつこいくらい烏兎(うと)神社と 赤岩神社のある鳥甲(とりかぶと)山の関係性について書いていたのですが
やはり地元の人からは鳥甲(とりかぶと)山は 烏兎(うと)山と呼ぶようで
この流れらも烏兎神社の境内にある「岩下神社」に「赤岩神社の御祭神を大正4年に移した経緯があると思われます

S__15720482.jpg
現在の岩下神社

この御祭神さま
「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さまは 伊邪那美命(いざなみのみこと)さまが 
「水波乃売神(むずはのめのかみ」さまと共に生んだ女神さまです。
土・陶器・田畑の土壌の神さまです。
赤土の粘土で神聖な土と言われています
赤岩神社の磐座の岩壁が赤色なのも うなづけます

ところで
中宮の「岩戸神社」には、「岩永姫」さまと「水波乃売神(むずはのめのかみ」さまと「大山祇命(おおやまつみのみこと)」の3つの祠があり祀られておりますが、入り口の看板には、もうひとつ「作物の神さま」と書かれています。


しかし 祀られている祠は3つしかなく、ただひとつ石像がひとつあるのですが、その石像には何も書いて無く形も大きな石を置いているだけで…以前、春祭りの時に、神主様にお訊ねしましたが、誰も分からなく不明とのことで、未だに「作物の神さま」がどこにおられるのか分かりません。

私の推察するに、もしかしたら「農作物をつくる神=農作物を作る土壌の神」ではないかと
やはり あの石像は「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さまかもしれない
 
と すると 中宮には「岩永姫」さまと 下宮の「水波乃売神(むずはのめのかみ」さまと 上宮の「埴安姫命(はにやすひめのみこと)」さま 3柱の女神さまが鎮座されているという事になります。
これはいったいどういう事なのでしょうか?

三社の内、上宮と下宮は賑わいを見せていた時期は大昔の事で、今は地元の一部の人の参拝になり、何らかの理由で上宮から御祭神を烏兎神社の岩下神社に移されてからも 地元の人以外知られていません。
参拝で賑わっていたのは過去の話となっております。

今・・・中宮の「岩戸神社」が昨今、パワースポットと言われ、参拝の人が多く集まっているのも、
独特な神秘的なたたずまいから人気を得ているのですが
そこに 三姫神が一同にそこにも祀られているという事は 私の想像としても
ロマンを感じます。

つづく


最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。