FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

「書き記し」№38 島原赤岩神社からの音姫神社

 2016.9.17島原音姫神社「書き記し」 №三十八 五月二十五日 幾千年の時の流れに和合もあれば戦いもあり残石の後を見ても 歴史は必ずしも真実ではなく風化に耐え 今日も何も語らず鎮座する その地、祈りの人多く賑わいもあり神も人と ひと時の同じ喜び 分かち合い神々は人の為人は神々の為…いつしか その道も 今は忘れられておる どうかお忘れくだささるな何千年の時と超えても神々は主(ぬし...

時空を超えて~裏の裏

NHKで放送されているモーガン・フリーマンの「時空を超えて」の番組が面白いスピリチュアルに関心のある人は是非とも見てほしいです。先日放送されたのは「人間にとって・神とは」でしたその前は、人の一生は生まれた時から決められていた「運命か?」それとも自らの「自由意志か?」二つとも化学的、心理的、脳科学的・・・多方面から人間を・・・そして最後は核となる「脳」そのものを分析していましたテレビでは「神さま」「宇...

「書き記し」 №37 求めるもの

久しぶりの「書き記し」です。最近思うことたくさんあり、人は神仏に何を求めているのでしょうか?それと反対に神々さま、仏さまは人に何を求めているのでしょうか?今日の「書き記し」心に沁みます㉜「書き記し」 №三十七 2016.5.16 祈るだけで すべてが分かり合え解決することでもない沢山の供物や高価な入れ物とて 心なくば ただの物何が大事と言えば 日々全てに感謝して普通に生きること泣き・笑い・苦しみ・悩み喜...

「書き記し」№36 祈るということ

祈りながら何故祈っているのか、本当に神々様に届くように祈っているのかただ形だけなのか 祈っている自分が好きなのか分からなくなる時があります。そんな形だけの祈りをしている私への警告でしょうか祈りとは・・・一輪の花の命の有難さえ分からぬものは祈りも薄いという私への戒めです㉛「書き記し」 №三十六 2016.5.10 誰が教えたというのだ幾度の春を超え 長らくの雨風をしのぎまなざし強い光線を浴び冬の雪に埋もれ...

「書き記し」№35~生きるという事

人は誰しも一度は「自分は何の為に生まれてきたのか」と考える一人一人に「お役目」というものが与えられているのだろうか実際、その「お役目」に気づき、生きている人は、どのくらいいるのだろうか前世、来世今世に生きる私にとって前世・来世とは何なんだろう考えても仕方ない(笑)それが一本の線に繋がっていることだけは分かるんだけどね。それにしても時々、自分はどこに向かっているのだろうかと思う今日は、仕事しながら・・...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア