FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

遠藤周作氏著「神と私」を読んで part8 神性と奇蹟

56歳ともなると、図太くなっているのですが
遠い昔、乙女の頃には精神が繊細で(笑)

病気が友達で・・・
当時は病気ひとつにしても・・・
それと向き合うのが手一杯。
ただ己の運命に泣いておりました

数ある手術の中で、精神的に参ったのは・・・って殆ど参ってましたが
局部麻酔
今でもトラウマであります。

ここで質問ですが・・・
麻酔無しで、釘を骨に打ちつけられたことありますか?
想像してください(笑)

骨に麻酔を打つのですが、当然麻酔のための麻酔もなく
いきなり何本も麻酔の注射を骨に打ち付けるのです。
感覚がなくなるまで、これを何本もやられるわけです。
そういう手術が20歳まで何度かありました。

今でも忘れないのは、手術中、意識があるなかで痛さと怖さと絶望を同時に味わうわけです
これ、拷問ですよ。
教授の鼻歌、回りには教授の腕前を見学し・・今日昼何食べる?の質問に答えるセンセイたち
そんなのを聞きながら16歳の乙女は恐怖を味わい、治療なのか実験台なのか、
とてつもない暗い底に落ちていくわけです。
病名はいえませんが、40年前の大学病院はこんな感じでした。

今は、多分全身麻酔だと思います。

まぁ、まな板の鯉状態で、当然逃げられません。
バンドで体は拘束され両腕は点滴と機材
自由が利くのは「手」だけ

言葉も発せない。
一筋の涙がツーっとこぼれた時
看護婦(師)さんが涙を拭いてくれます。
そして、私の手をずっと握ってくれていました。
痛い時はギュッと握ると、やさしく握り返し、手をなでて返してくれます。

⑬「神と私」~奇跡が起きるということ より抜粋
人間の苦痛には、必ず孤独感がつきまとう
同じ病気、痛みを持つ人間は、世界中、ごまんといるにも関わらず、自分だけが苦しいと思います。
もちろん不幸な目にあった人や精神的な苦痛も同じです。
この肉体的な苦痛の場合、誰かがじっと手を握って、側にいれば苦しみの50パーセントを占めている孤独感は消えるのです。
つまり精神的な苦痛は無くなり、肉体的な苦痛だけになり半減するのです。
私は体験を通して、このことが分かりました
イエスは病に苦しんだり、悲しみに打ち沈んだ人々の横にいて痛みを分かち合おうとしたこと。
つねに手を握っているわけです。


そして遠藤周作研究者の山根氏は言います。
遠藤氏が二年にわたり死の淵をさまよいながら闘病生活をおくります。
本来神がそういう苦しんでいる自分を助けてくれる。何か力ある技を起こして現状を変えてくれる奇蹟でもあればいいわけだけど、いくら祈っても問いかけてもそいうことは起きないわけです。神や仏もあるものかと祈っても現実は変えられない。そういう苦しいところ、どん底まで落ちて、そこから本当の宗教、信仰の問題が始まる。
そこからそれでも神に問いかけていく中で「神はそういう現実を変えるということよりも、この苦しい自分に寄り添ってこの苦しみを共にしてくれている存在なんだと気づいていくわけです。遠藤氏はそれを「同伴者のイエス」と言われています。


この部分を読んだときに、遠藤氏と同じ体験をしていたんだと思いました。
勿論、イエス(私にとっては神様)が直接、私の手を握ってくれたのではないです。

その看護師さんの思い・・・この子の痛みを少しでも分かち合い励ましたいという心・・・つまり「神性」ですね
その看護師さんの中にある心、そのものが神々様の私への間接的な奇蹟なのではないでしょうか
人様のやさしさに触れる時、これは・・その方の心と同時に神々様が私たちに下さっている「見えない奇跡」なんだろうと思います。
マザーテレサの行いは、まさにそうですね。
「死を待つ人々の家」というホスピスに居られる方々は、マザーの行いの後ろに神様を感じたのではないでしょうか
これも偉大なる奇蹟ですね。

そう考えると、全ての人は一人では生きてはいないのです。
必ず沢山の人々と神々様が側にいてくださるわけです。

それは・・・本当に有難いことなのですね。

16歳の私へ・・・大丈夫
意味のないこと何で何一つないよ。
40年後のあなたは、とても幸せに暮らしているよ~
時間は、かかるけど
見えない何かが貴方を大いなる力で支えているから・・・大丈夫


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア