FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

古代のロマン 島原 新発見!!!

先日、島原へ遊びに行ったときに
古本屋を経営されているご夫婦と
長い時間、おしゃべりをしました。

物静かな奥様と
島原の歴史に詳しいご主人で

古本屋を営みながら
農薬などを使わない畑に
野菜や果物を作り
「晴耕雨読」そのもの
自給自足の生活をしておられます

歴史家の方や霊能師、はたまた文化人有名知人を沢山友人にもち
今回は「島原の龍」について
知っていることを教えてくださるという事で
気づけば
5時間も時間が過ぎてました

残念ながら
話が面白いのと
「龍」から話が たくさん脱線したので
「島原の龍」については
話が聞けませんでした

ここまで書くと
ミーハーみたいですが
ご主人から
まず最初に
「龍について」どう思うかとの質問です

私は
「龍そのものは架空の生き物であるし、神様の眷属でも
あるけど あくまでも想像上の話」
「龍そのものよりも どう伝記として残っているのかが興味がある」と答えました。

何かテストみたいでした
すると
ご主人は
「何気ない雲などの形を龍と云ったり
意味もなく、スピリチュアルブームの龍そのものに取りつかれたように こだわる方には
理解できず退屈になるだろうと思って
その点、貴方は真面目に聞こうとしているので
とても 嬉しくなりました。
知っていることは話しましょう」
本当は「龍」の話をすることはタブーだったらしいのですが
今までも、そのことで体調を崩したことがあるようで
「不思議です。今日は長く話せます。話さなけれがならないという気がしてます」
っと
沢山、話していただけました。
今回は島原の古代の歴史についてでした

それによると
島原は各所に古墳が多くあります
専門家の話によると
古代から
他の地域とは異なる文化が発達していた痕跡が数多くあります

また古代の島原は
神の国だったのではないか

そういえば
島原の宮崎康平さん(孫は女優:宮崎香蓮さん)という古代研究家の方が
卑弥呼がいた邪馬台国は島原にある
という説を唱えていたのもあります

なるほど
ご主人の話からも
リアル感が漂います。

神代(かみよ)の話にもなり
神の国の一台帝国があったのではないかという事でした
そこには
今も残る 遺跡が物語っています

考古学と地形学、そして古代研究
島原に代々伝わる歴史
そして
加わったのが
最強の霊能師です(今は亡くなっています)

あ~
この仲間に入りたかった~
あと10年早く
知っていれば・・・

この手の話は
ほとんどが仮説です。
それぞれの専門家からの仮説であり
それは
事実かも知れないし
空想の 物語です

ご主人と話をしながら・・・
何か
「真実」なんて どうでもよくなってきました

史跡や遺跡 地形
伝記やわらべ歌などから
点を線を つなげる

そこから 見えてくる世界は新たな伝説ができる
これが
「ロマン」というものなのか

実際のところ
龍や神さまUFO も
本当は
神さましか 知らない

真実か嘘か
そんな事 どうでもよかった時間でした
古代のロマンを
堪能した 楽しい時間でした

最後に
今の雲仙岳は 古代では
三千メートル級の山だったという伝記が残っており
それは どうなのか という話から
そこに山おじさん登場
その話をしている時に
島原の地下断面図から
1000~1500m地盤沈下している事実が発見された
っと
3000mまでは行かなくでも2000m級の山があったと言うのは
これで証明されました。

おお~
やっぱり面白い!!!


最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)m
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア