FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

ちょっとひと休み③ 原城編 天草四郎 書き記し№52

昨日のつづき
何年振りかで「原城」にやってきました

原城は先日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成遺産」に決まった場所です
ここは1637年に「島原の乱」があった地で

Wikipediaによりますと
島原藩主の松倉重政・勝家父子は島原城建設による出費などの財政逼迫により苛政を敷き、農民一揆が起こり、過酷なキリシタン弾圧を行ったことにより島原半島のみならず天草にも飛び火し、島原城・富岡城が襲撃されました。しかし、一揆の攻城はうまく行かず、やがて一揆の群衆は天草の一揆群衆と合流し約3万7千人が廃城となっていた原城に立て籠もった。 小西行長の家臣の子孫といわれる天草四郎を総大将とし、組織立った籠城戦を展開して幕府軍と戦闘を繰り広げた。

とあります
今はおだやかな海でおおわれていますが、その時は血で赤く染まり壮絶だったと思います

C9A933E8-29A6-4AAB-8768-EE13C323F3A2.jpg

ここには天草四郎の墓もあります。
天草四郎の母が建てたと言われていますが、その当時、時代的にも親兄弟親戚にわたり、幕府軍により亡き者にされたと思っておりますので 
このお墓や仏像さまなどは、長い年月の際に 信仰心の強いキリシタンの方が秘密裏に作られ、その後時代を経て
この地に祀られたと思います

ここは3回目の訪問です。
1.2回目の時は 天草四郎の墓の前でお祷りをすると 後ろからワッと背中をいきなり押されて飛び上がるほど驚いたのですが、今回は何もありませんでした
またこの光る海を見ながら、当時バチカンからの応援を待ちながら戦う人々や天草四郎の想いを思うと こみあげてくるものがあり涙が出てきていましたが
今回は、それもありません。

一揆軍と幕府軍、どちらも被害者

幕府軍も 非道に至るまでには キリシタンによる神職・僧侶・領民などに
迫害や弾圧を加え大量虐殺したり領外に追放した歴史もあり
語られる歴史には お互いに裏の歴史もあるのです

こうなると ただ一揆軍、幕府軍ともに
普通に幸せに生きていたいだけなのに 
歯車が違い 不幸な争いとなり
無念のもとに亡くなっていったのです。

一人一人 物語があったのです


手を合わせると
爽やかな風に包まれ 穏やかです
「皆、天に上がられた」と声が聞えました。
そうか381年もたっているもんなぁ

もう 産まれ変わっている魂もあるし
それをもって私たちは、この不幸な出来事を忘れず
人と人が争う不幸を二度と起こさないように平和を維持していかなければいけませんね。

ここは過去の祷りを見つめ
未来の幸せを祷る地となりました

天草四郎像は長崎平和祈念像で有名な南島原市出身の彫刻家・北村西望氏の作品です。
平和記念増と顔も似ています
長崎に来られましたら、どうぞご確認くださいませ

あと天草四郎と言えば、ご本人が生まれ変わりと言われている美輪明宏さんを思い出しました。
美輪さんのコンサートに行ったときに、天草四郎さん?君が会場を嬉しそうに跳ね回ってました
美輪さんが出てこられた時に 背後からスーっと合体したので めちゃ驚きΣ(・□・;)
何故、だれも気付かないのか不思議で不思議で…
あの時の天草四郎さんは 14.5歳くらいで まだ少年でした
美輪さんが生まれ変わりと言われてるのは本当の事なんだと確信した日でもありました
残念ながら、あれから二三度コンサートにいきましたが、お目にかかったのはその日だけでした

あと これも全くの私的な意見ですが…
バチカンでは 天草四郎を宗教一揆ではなく
農民一揆の先導者として聖人と認めてませんが
個人的にはジャンヌダルクと同じだと思うのですが…
ジャンヌダルクも聖人と認定されるまで500年近くなってるから
まだまだ先なのでしょうか…

書き記し №52

純粋無垢、神の子と謳われし君
祷りは未来永劫 届きたもう
その光の輪は 
迷うもの全てに届きて
今もなお 救いとなる



最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア