FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

潜伏キリシタン 乙女たちの祷り 

先日、とある人の紹介で とある人と会ってきました。

世の中には不思議なことが沢山あり、今回も不思議な話を聞かせて頂き
霊能者の役割、
天界・神界・仏界・霊界・人間界・・・の中の人間界と霊界の狭間の世界
この話により なんとも不思議な空間を垣間見させて?頂きました。

長崎はご存知のように
「長崎・天草地方の潜伏キリシタンの関連遺産」として世界遺産に登録されました。
先日行った島原天草の乱の原城での話でも
今では空気が澄み、そういう戦いがあったとは思えないほど静かな場所になっていますと書きました。
あの時、熱い日差しの中、風が吹いてきて
「皆、天に上がった」という声が聞えた気がして
ホッとし、本当に良かったと心から思いました。

しかしながら
世界遺産と 云っても そんな綺麗ごとでもなく
当時の潜伏キリシタンの人々にとっては地獄絵であり、
いまだに長崎・天草・・・各地方で潜伏キリシタンの方々が全て天に召されることなく
今も その土地にとどまり上へあがっていけない魂があることを知りました

知り合ったAさん。
その時に聴いた話を簡単に言うと 
不思議なことがあり、腕も人も良いのに何故か商売も振るわないことから
近くの霊能者の方に相談に 行ったところ、
その土地は 迫害にあって残虐され殺された娘さんたちの魂がいるという因縁のある土地という事でした

結果的に、知り合いの霊能者により娘さんたちの魂は 天へ召されたということで
Aさんご夫婦は 今も その方たちのご冥福を祈っているということです

その話を聞きながら 涙が出てきました
同時に
丸い大きな光に向かって 手を組み こうべを垂れ、たたずみ真摯に祈っている乙女の姿が視え
その映像が なかなか消えません。

その娘さんたちは
残虐に辱められ拷問にあい、人としての扱いも受けることなく亡くなっていった姿も目に入ります
涙が止まりませんでした。

何故そのように目に映るのかは分かりません
涙がでるのもわかりません

生きている時の苦しみを考えると
恨んでも仕方ないのに、高名な霊能者によって天に召された姿は
もとの純粋な美しい姿に戻っています。

硬くロザリオを握り、祈りをささげる姿は
神の元へ行く安どと霊能者とAさんご夫婦への感謝の気持ちを表しています。

その美しい姿に 人目もはばからず泣いてしまいました。

世界中、日本中、どこにも どの土地にも
太古の時代からすると
血が流れていない場所はないと言いますが

こういう風に
その土地に 住みついた方と そこに天に上がれない魂があるとするなら
それも 
見えない世界の「ご縁」ではないでしょうか

人と人が出会う如く
人間界と霊界の狭間におられる闇の世界との「ご縁」もあり
何某(なにがし)かの力により
それが結びつき 救い 救われ
見えない世界との「ご縁」という不思議な出来事です。

霊の世界は全く分かりませんし、理解もできませんが
こういう方々を救われる霊能者もおり、尊敬いたします

片や、いたずらに 片鱗を見ただけで さも 通じていると言う勘違いの霊能者もおるのも事実で
そういう勘違いの霊能者は いずれ霊界に行くときに大変な目にあうと
霊能の師に 聴いたこともあります
また霊界のほかにも魔界があり、
むやみやたらに そちらの世界を覗くというのは 自分の命をも脅かすので
私なぞ、小心者は 深く追い求めることはしません。

その後のAさんご夫婦は
それ以来 その土地を離れることになり 資金繰りも厳しい中、
沢山の人のおかげと何かの導きにより
不思議にとんとん拍子に事が進み
新しいお店を持つことが出来き、今は大繁盛しています。

ご自分たちの努力や人間性も大きく左右しておられると思いますが
天に召された その乙女たちのご加護もあるのではと話しておられました。

霊界の話をするのは躊躇しましたが、
あまりにも
神々しい乙女の祷る姿が美しくて
書いてしまいました。

イメージは下の絵のような感じです
頭は白いベールをかぶり
絵には色がついてますが
真っ白な世界です。
うまく表現できませんでしたが、イメージだけでも・・・(笑)

乙女の祷り


最後に昼のお客様がひけた休憩時間に
ライアーを奥様に 弾かせて頂きました。
すると
横で 祷っていた乙女が 途中で 左の方へ顔を動かしライアーを見ました
祷りの途中で 思わずライアーの音に反応したかのようで
私は弾きながら 笑ってしまいました。
聴いていた奥様と友人は
何故 私が笑うのか不思議そうでしたが・・・

なんとも
不思議な話です
ブログに載せていいかと奥様に許可をもらった時に
これを機に潜伏キリシタンの方々の無念や世界遺産の意味を知っていただき
まだ天に召されていない方々の力になれればと思っておりますとの言葉を頂きました

全ての皆様にご加護があられることを祈ります。

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げますm(__)






スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア