FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

ちょっと早い師走のご挨拶 第七感感覚

昨日から急に寒くなりまして、やっと師走って感じです
本日は〇〇に用事がありまして…
そのついで… いや・・失礼しました。

あ・・・四面さんに行こう‼っと思い立って用事を済ませる前に参拝に行ってきました。

四面宮・・・九州の守り神を祀ってます「〇〇神社」
いつ行っても気持ちの良いところです。
今現在は、本殿とは別に改築を行っており、まだ本殿までの渡り廊下も未完成のままでした

休みという事もあり、七五三の参拝で着物を着た子供と家族が二組いました。

邪魔にならないように隅っこで祝詞を挙げさせて頂きました。
今年一年、大病することなく平穏無事に過ごさせていただいたお礼を述べさせていただき、日頃、宇宙・地球・日本・神羅万象・人々の為にお働きになられている神々様へ感謝に手を合わさせて頂きました。

祝詞を挙げておりますと
さっきの七五三の子どもたちのはしゃぐ声に心温まりながら
フッと
金の冠をつけた天照大御神さまが視えます
その姿の後は
陽へ続く道が 遠く 遠く 果てなく続いております。
着物の袖口や裾が
ヒラヒラと揺れております。
その両脇に 片膝を立てて侍従のように座られている男の神々様の姿が見えます

ああ…このお子様たちを祝っているような気がしました。

ん?? 2神・・・いるはずなのに・・・
あれ?いない?もう一人の男神さまはどなた様だったっけ?

ああ、少彦名命さまだ‼
どうりで見えないはず(笑)

まぁ これ・・・私のイメージですが(笑)

そして猿田彦神さまがおられる祠へ
その祠の場所は不思議な空間のするところです。
ここへお詣りにくる方は少ないのかもしれません。
そこには改築により移された祠がありました。
山の神様と神稲飯命様です。

ここも心を込めて祝詞を挙げさせて頂きました。

祝詞って不思議ですよね
三回挙げさせて頂くのですが、三回とも同じ調子で同じ時間なのですが・・・
一回目の長さが異様に長く感じる時があります。
さっきの本殿でも そうでした

すると
ガサ・・ガサっと落ち葉を踏みしめて傍によってくる気配がします
ヤバ
珍しいな・・・さっきの七五三の親子だろうか・・・

小鳥のさえずりが強くなります

落ち葉を踏みしめてる音です
ガサ・・・ガサ・・・大人の人の足音・・・
ああ・・・祝詞・・・まだ一回目の途中。
すごく長く感じる

自分の声と枯葉を踏む音がミックスします。
祷る時は集中するために目を閉じます。

ギョっ
大男の猿田彦神が目の前に足を広げて悠々と腰かけます

え?妄想?
眼を開けようか・・・
マジ 開けるの怖いな・・・
でも
祝詞よりも
怖いもの見たさに
眼を開けました。

目の前には祠しかありません。
後を振り返り周囲を見回しても誰も居ません。
人の気配はありません。

確かに 何かの気配が・・・
落ち葉を踏みしめて近づく足音・・・

一瞬、うつろいの世界の狭間をさまよいます。
IMG_1702.jpg


目の前にあるのは現実の世界
何の変化もないのに
存在という気配は第五感に残っている

この体験というのは 第七感というものだろうか

五感・・・視覚、聴覚、味覚、嗅覚、接触覚
六感・・・ひらめき、インスピレーション
七感・・・五感六感以外のものから受け取る未知なる感覚、霊感など

自分的には何度も経験しているので 驚くことでは ないのですが
意識しない時や、無の状態の時に
フッと映像や言葉や声が聞えたりします

正直、それが何なのかは 分かりません。
それを追究することもなく 自慢することでもなく
妄想や幻覚と言われれば反論することもなく
これを分かったり、分かってもらおうとする必要もなく
でもそこには「確かに」という感覚は残っており
本当に不思議な経験です。
不思議に・・・何かメッセージを!とか何か印を見せてほしいと願う時は
全くもって何もありません。
無欲で無心の時に
それは いつも 無作為に現れます。

今日は七五三の子どもたちの可愛らしさに思わず姿を見せたのでしょうか
有難いです。

師走の夢の出来事でした。

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈り申し上げます




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア