FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

喪明けに思うこと

もうすぐ春かなぁ・・・
今年の花粉もひどいかなぁ・・・
なんて思っていたら
ドカンと雪が降ってきて 本日の予定は全部キャンセルです

先日、喪が明けまして
自分的に…2月1日startって感じで初詣をしてきました。

喪中の間に 家の神棚を どうすればいいのか分からなくて
霊能の師おばちゃんにメールすると
お世話は そのまま続けて 二礼二拍手ではなく一礼だけで良いよ~ってことだったので
御意‼分かりやした

神道では死は「穢れ(けがれ)」とされており、自宅の神棚は「小さな神社」となります。
神様は穢れを嫌っておられるので、穢れを近づけるのがタブーとなるようです。
穢れ⇒気枯れ⇒気が枯れる⇒エネルギーや活力が奪われる
身内が亡くなると 悲しみが襲い、そのために落ち込んだりして気が沈みます。
元に戻るまで一定期間、神様と距離をおくのです。

最初は 死=穢れと単純に思っておりましたが
私流に解釈しますと
人間が死んだことを神様が嫌っているのではなく、
目の前で・・・悲しみの人が 溜息つきながら手を合わされても・・・ちょっとね~っていう感じかなぁ

亡くなった人は 50日かけて人間界でしたことの裁き・・・振り返りと反省とかもろもろあるわけです。
それを50日かけて 次のステージへ進む期間であり
残された人々は 亡くなった人への思いを悼み お疲れ様でした と上へあがっていただくことをお祈りして
悲しみの心の整理や現実の世界の整理をしていく期間だと思います

その間は 人間界・霊界・仏界
亡くなった人、残された人、守護霊さまなど
それぞれが各々 役割や整理をつけるお役目の期間ではないかと思います。

もちろん、天界・神界・仏界・霊界・・人間界・・・諸々 
一直線なわけなので
神々様の世界では それを静かに見守るという立場ではないかと・・・
なので
こっちは良いから ちゃんとしてね~っという感じなのかなぁ

勝手に 自分なりに解釈して
納得がいくわけです。

人一人が亡くなるという事は
本当に残念なことです。
人それぞれ生き方も違い、死に方も違い、
人生も違います。

私たちは運命とか宿命とか 背負って産まれてくる
そして 生まれいずる前に 神さまと約束してきたものを全うした人もいれば
心半ばで叶えられなかった人もいる
借り物の身体が寿命を迎えるまで この世を生き続けていかないといけない。 

それを何度も繰り返し 
転生し
人は魂を磨いていきます。

私たちは、まだこの世を生き続けています。
ツケは必ず 自分に戻ります。
少しでも 徳を積み
ご先祖様や 仏様、神々様に
「苦労しましたね~大変やったけど、よう頑張って生きてきましたねぇ」って褒めてもらいたいなぁっと思っとります。

なので
いろいろ・・・ありますが
無理せず 何とかやっていきましょう
駄目な時は 誰かを頼ってください
SOSを出してください。
そして 信じてください。

話したいときはコメントくださいませ

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m
貴方様のご多幸をお祈りいたしますm(__)m







スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア