FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

霊能の師

今月は二回霊能の師の所へ行きました。
まぁ目的は仕事と熊本のボランティアだったのですが・・・
息子のところへ泊まりがてら・・・師に電話して・・・「行っていいですかぁ?」と電話し
またまた、ずうずうしく行ってきました。

師は「〇〇」といい、いわゆる自動書記とよばれるものです。

私:「何故に言葉じゃなくて自動書記なんですかぁ?」
師:「言葉で伝えてもいいけど、人はすぐ忘れるから書いたほうが後からでも読み返すことができるから、いいやろ?」
私:「なるほど!」「親切やな~」
師:「そうやろ笑」
そして一柱の神様だけでなく、いろんな神様が降られます。
「私が申しましょう」
てな感じで・・・
これも他の霊能者と違うところですね~

今回は岩戸神社で映った不思議な写真のことで・・・
スマホを差出し「これ・・・見てみて~不思議でしょう?」
・・・・・
・・・・・

と・とんでもない事実が
・・っともったいぶってますね~すみません。
ここからの会話は・・・まだ途中なので・・
全てのいろんなことが判明してから改めて書きますね~って書ける話だといいのですがm(__)m

しかしながら、師も癌を抱えている身で・・・相変わらず、それでも来る人は拒まずです。
ご本人は、早く引退したいみたいですが・・・

私の場合、相談は、ほとんどなく、師の話を聞きに行くのが目的、つまり「押しかけ自称弟子」なので・・・毎回
楽しく長時間、師の話を聞きます。
だいたい3~4時間
病人ということをお互い忘れて話をします。
ほとんど師が一人で話されますが、楽しくてたまりません。
帰るときは、師はフラフラで・・・手も浮腫んで・・・
ああ・・また長いしてしまったっと反省するのですが、
師に毎回甘えております。

でも流石に、私にいろいろ教えることは体がもたないっということで
ご自分の一番優秀なお弟子さんに、私を引き継ぐことを決められ・・・
次から・・・その方と例の写真のこととかを聞くことになりました。

このお弟子さん、以前一度岩戸神社で映った写真を鑑定してもらったことがあります。
とても美しい方で・・・やさしいし、
聞きたいことは、すべて「〇〇」でお書きになりました。
師いわく、自分の弟子の中でも天下一品。
霊能者のオリンピックがあったら絶対金メダルを取るっといつもご自慢されます。

ってなことで、来週、三度目、行ってきます。

どんな「〇〇」を書かれるのか、楽しみと不安と・・・
少しずつ、私の・・これからすべき道・・・ハハハ・・大袈裟ですね(笑)
何やら楽しみでもあります。








スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア