FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

書き記し⑬

4月までの「書き記し」はパソコンに入力してるのですが、
5月から書いているのは時間がないので・・・っとテーブルの上に束になっております。
写真は一部です(笑)

IMG_0789 (1)

こんな感じで、言葉が降りて来たら、そこらへんにある紙やチラシの裏に書きなぐっております。
これを自動書記と呼ぶ人もおりますが、自分ではよくわかりません。
ただ文章を考えながら書いているわけでもなく、ペンを持ったら一気にダーっと書き上げます。
不思議ですね~何故に書いているのか、これも良く分かりません。

でもそれも、来週、その意味も判明するでしょう(笑)

てな感じで本日は2月に書いた「書き記し」です。

「書き記し」二月十六日 №十三

いくつかの神の前に
己の姿をさらけ出すことができるか

全ての自然の前に 何も持たず裸で
その身を ゆだねることができるか

人として あるならば
まず全てのものに感動し 謝れよ

その内在神を呼び起こし
過去のルーツに目を向け 
天を仰ぎ 木の葉の根元を見られよ

そこに何かがある

気づきなられ

そこにある自然の習わしを
畏(おそ)れることは 恐ろしいことではない

敬(うやま)うことは 恥ではない

心に 真の弓を射ちて言葉に表すと
「謝」ということじゃが
難しくもあるが
案外、簡単なことゆえ
己の無知さを知り
少しでも感ずることあらば
そなた自身、成長することあり 

気づく心を大切になれると良いでの


人は自分を中心にすべて、廻っていると勘違いしています
自然の前で 神の前で
裸になると 何も持っていないこと 一人では何もできないことに
気づきます。
感謝の「謝」は
言葉(弓)を相手に届くように射ることです。
感じて有り難く思う「感謝」
本当に悪いと思って謝る「謝」と
想いを言葉にのせて心から相手に射ることで、やっと相手に通じます

読んでいただきありがとうございます。
あなた様のお幸せをお祈り申し上げます。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア