FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

弁財天様(市杵島姫命様)と神使の亀 part2

もしもしカメよ~カメさんよ~
ってことで
昨日の続きです
私の前に亀に乗ってお姿を現した弁才天様(市杵島姫命)さま
え?え?え?
か・・・亀?
どう繋がっているのだろう・・・
ってことで、第二弾です

まず日本三大弁才天の一つとされる「江島神社」
ここの祭神は、天照大神と須佐之男命の誓約(ウケイ)の際に生まれた三人姉妹の女神で、奥津宮に多紀理比賣命(田心姫神(たごりひめのかみ))、中津宮に市寸島比賣命(市杵島姫神(いちきしまひめのかみ))、辺津宮に田寸津比賣命(湍津姫神(たぎつひめのかみ))が祀られて江島大神と称されています。
江の島は古くより龍神の座すところとされ 岩屋洞窟風の「龍宮(わたつみのみや)」があります。
奥津宮には姫神様の神使として「八方睨みの亀」の天井絵があります

04-202.jpg

亀は長寿の象徴でもあり、この亀はどこから見ても自分の方を向いて見ているように見えることから「八方睨みの亀」と呼ばれております。
あと余談ですが、「八方睨み・・・」ってことで「八方睨み龍」「八方睨み鳳凰」とかってのもあるみたいですよ~
面白いですね~

そしてもうひとつ
亀岡市の大井神社伝承によると
創建に関わる伝承として、大宝2年(702年)に京都市西京区の松尾大社から月読命と市杵島姫命が亀の背に乗って大堰川を遡上したが、八畳岩辺りから保津の急流で進めなくなったので鯉に乗り換え、亀岡市河原林町勝林島の在元淵にまで至った。それを見た工匠が社を建立したという(河原林町の大井神社)。その後、現在地に遷ったと伝えられる
っと書いてありました。

んん・・・
私の見たものは幻影じゃなかったかもね~(笑)
でも不思議に水の匂いっていうか雰囲気を感じたんだよね~
後日、「書き記し」にて
その意味も分かりました


それにしても
美しい姫神様でした。

あ~これも余談ですが、
亀と言えば
私の好きな岩戸神社の屋根の両側に「鶴と亀」の瓦がありました。
「鶴と亀」と言えば
「カゴメの歌」
少し意味不明な歌詞の内容には
色んな都市伝説があります。

私の思う所に・・・
この歌には古代の神々の封印するところの深い意味があるように思われます。
本当の意味が解読されると
宇宙誕生の意味とか神々の存在の意味が解明されるかもしれません。
まぁあくまでも私の想像ですが(笑)
人間ごときが立ち入ってはいけない領域の空気を感じます
不思議ですね~(笑)

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア