FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

書き記し№43

昨日、遠藤周作氏著の「沈黙」からの映画について

映画を見てキリスト教を「棄教」することを「転ぶ」という言葉と
映画の主人公が実在する人をモデルにしているという事を
始めて知りました。
35年前に、この本を呼んだ時の自分の記憶が無に等しいことが良く分かります

窪塚洋介氏演じる裏切者役「キチジロー」
遠藤周作氏は、この「キチジロー」は自分だとも言っております。
私も、いろんな意味で自分自身も「キチジロー」を非難できず、それどころか「キリジロー」の一部分を自分も持っていることに気づきます。
この時代は長く続き、やがては「島原の乱」という今世最大の一揆も起こってしまい、
不幸な連鎖が続いていきます。

そして映画の最後の1シーン。
原作にはないシーンなのですが、
このシーンが一番頭から離れませんでした。
是非とも映画館で見てくださいませ

宗教とは・・・
神様とは・・・
人間とは・・・

簡単に理解できるものではありませんので
答えも出ず
しばらく悶々としておりました。

すると突然、
言葉が降りてきました。
今日は、その時の言葉
「書き記し」を載せたいと思います。

「書き記し」№43

心の声を聴くのだ
善と悪
人の内には、その二つが対局し
常に己の動きを左右する

宗教と言うもの
すなわち心の声に耳を傾けること
正しいとか正しくないとか
自問自答を・・苦しさの果てに・・・
たとえ、そこが狂気の世界であろと
心から内出る内在神(心)の神はおられる

その声、聞こうとするものには必ず内なる声が聞こえるはずじゃ

人はなんの為に生き、死すのか
それは神とて簡単に答えだせるものではない
己の行動の果てに
聞こえるもの・・・それが神の声じゃ
流す涙の真実が猜疑心とか嘘とか軋轢(あつれき)とか
いろんな思いが錯綜するであろうが
神とて情けはあるもの
必ず光ある答えはそこにある

内なる声を聴け
そこに答えを見つけずとも
常に神は、そなたと共におる

そのことを忘れなければ神はいつもそこに存在する


2017.1.30 〇〇〇命
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア