FC2ブログ

書き記し~青と共に

不思議体験?妄想?そしてスピなる書き記し?ごらんあれ

Entries

青葉の神さま

3月の中旬に、霊能の師、私の先生の所へ行きました。

久々に、神様の声を聴きたかったのです。

和紙に筆でスラスラと
「〇〇」・・自動書記です。

目の前で神様の声が文字になっていきます。

私も書きますが、自分のことは聞きません。
なので
師に書いてもらいます。

先生に初めて会った時と今回
筆を降ろして、お言葉をくださったのは
「青葉」という神様です。

何回か先生には
「〇〇」を書いて頂き、何人かの神々様のお名前が記されてますが、
この「青葉」という神様は二回目で、前回の言葉が衝撃的で、
どういう神様なのか
聞きそびれて・・・
今回、やっと聞けました。

「青葉の神様って、どんな神様ですか?」
先生は笑って答えられました。

「青葉」という神様は、特定の神様ではなくて自然の集合体みたいな・・・
田んぼにおられる「案山子」の神様と同じような感じかな~

「案山子」?

「そう久延毘古(くえびこ)」と呼ばれる神様です。

古事記には次のようにあります。

久延毘古者、於今者山田之曾富騰者也、此神者、足雖不行、盡知天下之事神也。

クエビコというのは、今でいう山や田の案山子のことであり、この神は歩くことはできないが、天下のことを知り尽くしている神である。となります。膨大な知識を誇った神、ということが古事記からでも一目瞭然です

さらにウィキペディアによると

大国主の国づくりの説話において登場する。『古事記』によると、大国主の元に海の向こうから小さな神がやって来たが、名を尋ねても答えず、誰もこの神の名を知らなかった。するとヒキガエルの多邇具久が「久延毘古なら、きっと知っているだろう」と言うので、久延毘古を呼び尋ねると「その神は神産巣日神の子の少彦名神である」と答えた。さらに古事記では「久延毘古とは"山田のそほど"のことである」と説明されている。「山田のそほど」とはかかしの古名であり、久延毘古はかかしを神格化したもの、すなわち田の神、農業の神、土地の神である。かかしはその形から神の依代とされ、これが山の神の信仰と結びつき、収獲祭や小正月に「かかし上げ」の祭をする地方もある。また、かかしは田の中に立って一日中世の中を見ていることから、天下のことは何でも知っているとされるようになった。
神名の「クエビコ」は「崩え彦」、体が崩れた男の意で、雨風にさらされて朽ち果てたかかしを表現したものである。また、「杖彦」が転じたものとも取れ、イザナギが黄泉から帰ってきた後の禊で杖を投げ出した時に生まれた船戸神(ふなとのかみ、岐神、道祖神)との関連も考えられる。

そして、
もう一つのお名前
『天津甕星(あまつみかぼし)』、別名を天香香背男(あめのかがせお)
星の神様です。

封印されて別名(久延毘古(くえびこ)」になったとも言われています。

香香背男→かがせお→かがせ→かかし(案山子)

なんですって~初めて知りましたね~
神々様の世界も、複雑で名前が幾つもあったりと
私なんかは、何一つ分かりませんが、
この神様も複雑すぎて・・・
でも、それだけに、ただもんじゃないと思っております。

案山子は田んぼから稲を守りますね~
米は日本人には大事な食物で、基本です。
多分、姿かたちは一本足ながらでも
いろんな世界を全身全霊で守ってくださっていると思っております。
感謝です


しかしながら「青葉」というお名前で筆を降ろされるのも
また何かの意味があるのでしょうね。

偶然ですが、
ブログのタイトルも「青と共に~」と入っています。
これは、青葉の神様のことを知る前に付けたもので

私の一番好きな風景が
「木々の青葉の間から差し込む光」なんですね~

偶然にしても嬉しいです。

いつか声を聴けるときがくるといいな~なんて妄想をしております(笑)



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

木漏れ陽が好き

ひみのみこ

Author:ひみのみこ
勝手気ままに現実に起こった不思議なことを織り交ぜて書いております。
「書き記し」という見えない世界からのメッセージ。
思いのままに受け取ってください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア